外反母趾にならない正しい歩き方とは?

ほとんどの方が身体に悪い歩き方をしています。

正しくるく方法

正しく歩く方法は、3つの点を気を付けるとうまく歩くことができます。

 

1)膝を軽く上げて歩く

 

これは、ほとんどの方が踵をするように歩く方が多いです。すなわち引きずりながら歩いています。こんな方は、何もないところでよくつまずくはずです。

 

2)足裏の体重移動を意識して歩く

 

足裏の体重移動とは、かかとから足裏の外アーチを通り足指第2指で抜けていく大樹移動です。あおるように体重移動が行われ歩きやすくなります。

 

3)片足にしっかり体重を乗せてバランスを保ち歩く

 

膝を軽く上げて歩くことにつながります。ほとんどの方がズルズル擦って歩いているため片足立ちになる時間が少なくバランスを保つことがなくバランス感覚が衰えています。指導するときに初めのうちはふらふらする方が多いのもこの理由です。

実際試してください。片足立ちになると軸足の足指はどうなりますか?地面を踏ん張りバランスをとりますね。それが歩くときにも一歩一歩起こることが必要です。

足裏の正しい体重移動

膝を軽く上げて歩くとは、歩くたびに片足立ちになること=バランス感覚向上・足指の踏ん張り力アップ

膝を上げる歩き方のメリットは、歩くたびに片足立ちになりバランス感覚を養えることです。それは、足指の踏ん張る行為を自然と促して足裏の筋肉を歩くたびに使い衰えさせない歩き方です。足裏の筋肉を使うとふくらはぎの筋肉を使うのと同じで、重力で下がり気味の血液をポンプ作用で上に戻すことが活発になります。

すなわち、正しく歩ければ歩くたびに健康になるのです。

音をたてないように歩く(静かに歩く)ことが大切

大股で歩かない歩幅は広くならないこと

時々、つま先立ちで歩くことも正しい歩き方マスターの手段

時には、後ろ向き歩きで歩いてみるのもいいですよ

本を載せて前進や後進して落ちないように歩けるように丁寧に